はげいとう(葉鶏頭)

Amaranthus tricolor

Amaranthus tricolor

Amaranthus tricolor

Amaranthus tricolor

熱帯アジアが原産です。わが国には、江戸時代の後期に渡来しました。初めにでる葉は緑色をしていますが、8月以降、茎の上部にでる葉は赤や黄色に色づきます。夏から秋、茎の先端や葉腋に小さな目立たない花を咲かせます。中国名では「莧(xian)」、または「雁来紅(yan lai hong)」と呼ばれます。これは、雁が飛来するころになると葉が紅くなることから。
ヒユ科ヒユ属の一年草で、学名は Amaranthus tricolor。英名は Chinese spinach。 
The Chinese spinach (Amaranthus tricolor) belongs to Portulacaceae (the Purslane family). It is an annual herb that is native to tropical Asia. It was introduced to Japan in the late Edo period (about 200 years ago). The first leaves are green, but after August, the leaves on the top of the stem turn red or yellow. From summer to fall, small, inconspicuous flowers bloom at the tips of the stems and in the leaf axils. In China, it is called "莧" (xian) or "雁來紅" (yan lai hong). This is because the leaves turn red when the geese fly over. 
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2006年03月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月03日撮影。
[下] 同上にて、2001年10月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp