はげいとう(葉鶏頭)

Amaranthus tricolor

Amaranthus tricolor

Amaranthus tricolor

Amaranthus tricolor

熱帯アジアが原産です。わが国には、江戸時代の後期に渡来しました。初めにでる葉は緑色をしていますが、8月以降、茎の上部にでる葉は赤や黄色に色づきます。夏から秋、茎の先端や葉腋に小さな目立たない花を咲かせます。漢名では「雁来紅(がんらいこう)」と呼ばれますが、雁が飛来するころになると葉が紅くなることから。 
ヒユ科ヒユ属の一年草で、学名は Amaranthus tricolor。英名は Chinese spinach。 
 
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2006年03月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年10月03日撮影。
[下] 同上にて、2001年10月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp