はなはませんぶり (花浜千振)

Centaurium tenuiflorum

Centaurium tenuiflorum

Centaurium tenuiflorum

Centaurium tenuiflorum

Centaurium tenuiflorum

西ヨーロッパの地中海沿岸が原産です。ヨーロッパでは畑の雑草となっていますが、わが国でも帰化が確認されています。水路沿いや湿地に生え、高さは20〜40センチになります。根生葉は花期にはほとんどなく、茎葉は倒卵形から楕円形で先端が尖り、葉柄はありません。6月から8月ごろ、茎頂に複集散花序をだし、直径1センチほどのピンク色から赤色の花を咲かせます。花冠は5裂します。「べにばなせんぶり(Centaurium erythraea)」と似ていますが、萼片の長さが花筒の3分の2以上あるのが特徴です。「べにはなせんぶり」では、これが3分の1くらいしかありません。 
リンドウ科シマセンブリ属の一年草で、学名は Centaurium tenuiflorum。英名は Branched centaury、Slender centaury。 
 
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 同上にて、2006年11月21日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2〜3・下] 大阪府枚方市磯島「淀川河岸」にて、2006年07月19日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp