はなだけ (花竹)

Phyllostachys nidularia

Phyllostachys nidularia

Phyllostachys nidularia

中国、長江以南の中東部が原産です。桿は直径4センチ、高さは10メートルほどになります。桿の節が大きいのが特徴です。タケノコは美味しく、食用には最も適した品種だと考えられています。中国の文献では、本種は「こうちく(篌竹)」で、「はなだけ(花竹)」はその一品種(Phyllostachys nidularia f. glabro-vagina)とされています。 
イネ科マダケ属の常緑タケ類で、学名は Phyllostachys nidularia。英名は Big-node bamboo、Broom bamboo。 
 
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2005年01月19日撮影。
[下] 京都市西京区「洛西竹林公園」にて、2006年02月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp