はなこぶし (花辛夷) [Index] [Back]

Magnolia x loebneri

Magnolia x loebneri

Magnolia x loebneri

Magnolia x loebneri

Magnolia x loebneri

Magnolia x loebneri

Magnolia x loebneri

Magnolia x loebneri

モクレン属の2つの品種、「こぶし(辛夷)」と「してこぶし(四手辛夷)」との交配種です。第一次世界大戦の直前に、ドイツのピルニッツのマックス・ローブナーによって交配されました。ゆっくりと成長し、高さは6メートルになります。葉は倒披針形または楕円形で、長さは15センチまでになります。星形で白色または淡い紅色の花が、早春から仲春にかけて咲きます。花は直径15センチほど、12〜16個の紐状の花被片があります。 
モクレン科モクレン属の落葉低木で、学名は Magnolia x loebneri。英名は Loebner magnolia。 
The Loebner magnolia (Magnolia x loebneri) belongs to Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a small deciduous tree that is a hybrid of two Magnolia species, the "Northern Japanese magnolia" (Magnolia kobus) and "Star magnolia" (Magnolia stellata). It was crossed by Max Löbner of Pillnitz, Germany, shortly before World War I. This tree grows slowly, and can reach a height of 6 m. The leaves are oblanceolate or elliptic, up to 15 cm long. The star-like white or pale pink flowers bloom in early to mid spring. The flower is 15 cm across, and has 12-16 strap-like tepals. 
[上・中1〜2] イギリス・ランカシャー州プレストンにて、2020年03月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3〜中6] 同上にて、2021年04月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2021年04月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp