はんごんそう (反魂草)

Senecio cannabifolius

Senecio cannabifolius

Senecio cannabifolius

Senecio cannabifolius

Senecio cannabifolius

わが国の本州、中部地方以北から北海道をはじめ、朝鮮半島や中国、それにサハリンやカムチャッカ半島に分布しています。山地の草原や湿地に生え、高さは1〜2メートルになります。葉は羽状に3〜7深裂し、互生します。7月から9月ごろ、茎頂に大きな複散房花序をだし、黄色い頭花を咲かせます。「きおん(黄苑)」に似ていますが、葉が深裂することで区別できます。名前は、強い香りで死者を蘇らせるといわれることから。若芽は食用にされます。 
キク科キオン属の多年草で、学名は Senecio cannabifolius。英名は Aleutian ragwort。 
 
[上・中1] 新潟県妙高市杉野沢「妙高高原」にて、2005年08月22日撮影。
[中2・中3] 長野県伊那市長谷黒河内「南アルプス林道」にて、2006年09月22日撮影。
[下] 長野県白馬村北城「八方尾根」にて、2006年08月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp