ハンカチのき (ハンカチの木)

Davidia involucrata

Davidia involucrata

Davidia involucrata

Davidia involucrata

Davidia involucrata

Davidia involucrata

Davidia involucrata

Davidia involucrata

Davidia involucrata

Davidia involucrata

中国の南西部、四川省に分布しています。一科一属一種です。高さは10〜15メートルになり、植物園や公園でよく利用されています。5月から6月ごろ、白い大きな苞のある花を咲かせます。この白い苞のかたちから、「はとのき(鳩の木)」とか「ゆうれいのき(幽霊の木)」とも呼ばれます。 
ダビディア科ハンカチノキ属の落葉高木で、学名は Davidia involucrata。英名は Dove tree。 
The dove tree (Davidia involucrata) is a tall deciduous tree that is native to south central and southwestern China; from Hubei to southern Gansu, south to Guizhou, Sichuan and Yunnan. It is the only species in the family Davidiaceae and the genus Davidia. This tree can reach 10-15 m in height. The flowers with white, large bracts appear in May through June. The common name is derived from the shape of it's white bracts. 
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2003年10月05日撮影。
[中2〜中4] 同上にて、2005年05月01日撮影。
[中5〜中7] 東京都調布市「神代植物公園」にて、2016年07月23日撮影。
[中8・下] 愛知県名古屋市千種区「東山動植物園」にて、2017年08月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp