はるりんどう (春竜胆)

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

Gentiana thunbergii

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。日当たりの良いやや湿ったところに生え、高さは5〜15センチになります。葉は卵形で根生します。3月から5月ごろ、花茎を伸ばして、青紫色の花を咲かせます。陽光には敏感で、曇った日には十分に開花しません。 
リンドウ科リンドウ属の二年草で、学名は Gentiana thunbergii。英名はありません。 
"Haru-rindou" (Gentiana thunbergii) belongs to Gentianaceae (the Gentian family). It is a biennial herb that is native from Honshu to Shikoku, Kyushu, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in sunny wet places and can reach 5-15 cm in height. The leaves are ovate and basal. The blueish purple flowers come on the stalks from March to May. The flower is open in the daylight and is not full open in the cloudiness. 
[上・中1〜2] 岐阜県瑞浪市釜戸町「竜吟峡」にて、2007年04月13日撮影。
[中3・中4] 愛知県豊橋市岩崎町「葦毛湿原」にて、2004年04月10日撮影。
[中5・中6] 長野県小諸市「高峰高原」にて、2009年05月23日撮影。
[中7〜9・下] 長野県小海町豊里にて、2018年05月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp