はなちだけさし (花乳茸刺)

Astilbe thunbergii var. formos

Astilbe thunbergii var. formos

Astilbe thunbergii var. formos

Astilbe thunbergii var. formos

わが国の本州、中部地方に分布しています。日当たりの良い、やや湿り気のある林内や斜面の草地に生え、高さは70センチほどになります。葉は3回3出羽状複葉で、縁には重鋸歯があります。基部は浅い心形からくさび形です。7月から8月ごろ、茎頂に大きな円錐形の総状花序をだします。花序の先はあまり垂れず、小さな白い花を咲かせます。花弁は長いへら形で、雄しべの2倍以上の長さがあります。「ちだけさし」とは、花色が純白色に近く、茎が斜上することで区別できます。 
ユキノシタ科チダケサシ属の多年草で、学名は Astilbe thunbergii var. formos。英名はありません。 
 
長野県小谷村千国乙「栂の森遊歩道」にて、2006年08月02日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp