はつゆきそう (初雪草)

Euphorbia marginata

Euphorbia marginata

Euphorbia marginata

Euphorbia marginata

Euphorbia marginata

Euphorbia marginata

北アメリカが原産です。「ポインセチア」と同じ仲間で、高さは80〜100センチになります。葉は長楕円形ですが、夏の終わりごろから、上部の苞葉に白い縁取りが始まります。花は小さく、淡黄白色をしています。名前は、初雪が降りたように見えることから。切り口からでる乳白色の汁液に、被れることもあるそうです。 
トウダイグサ科トウダイグサ属の一年草で、学名は Euphorbia marginata。英名は Mountain snow。 
The mountain snow (Euphorbia marginata) belongs to Euphorbiaceae (the Spurge family). This herb can reach 80-100 cm in height. The leaves are oblong and the upper bracts begin to white outlining in late summer. The flowers are small and pale yellow-white. The poisonous white sap ooze when breaked a stem and leaf cause a skin irritation. 
[上・中1〜2] 茨城県潮来市あやめにて、2008年08月02日撮影。
[中3・中4] 大阪府四条畷市下田原にて、2005年08月10日撮影。
[下] 茨城県神栖市太田にて、2009年07月26日撮影。(photo by Kazuko Iguchi) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp