ハオルチア・リミフォリア (瑠璃殿)

Haworthia limifolia

Haworthia limifolia

南アフリカのケープ地方が原産です。直径10センチほどの小さな多肉質の螺旋状ロゼットになります。葉は硬質です。ランナーを伸ばして増殖します。和名では「るりでん(瑠璃殿)」と呼ばれます。 
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名は Haworthia limifolia。英名はありません。 
 
愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年01月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp