ヘリオプシス (姫向日葵)

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

Heliopsis scabra

北アメリカが原産です。わが国へは明治時代の中頃に渡来しました。高さは50〜100センチになります。葉は卵形から長卵形でやや薄く、毛はなく、対生します。7月から9月ごろ、黄色から橙黄色の頭花を咲かせます。舌状花は8〜15個あります。別名で「ひめひまわり(姫向日葵)」あるいは「きくいももどき(菊芋擬き)」と呼ばれます。 
キク科ヘリオプシス属の多年草で、学名は Heliopsis scabra。英名は Rough heliopsis、Orange sunflower。 
The rough heliopsis (Heliopsis scabra) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to North America. It was introduced into Japan in the middle days of Meiji Era (about 120 years ago). This herb can reach 50-100 cm in height. The leaves are ovate to long-ovate, thinnish, hairless and arranged in opposite. The yellow to orange-yellow flower-heads bloom from July to September. The flower-head has 8-15 ray flowers. 
[上・中1〜3] 長野県小海町親沢にて、2005年07月11日撮影。
[中4〜中6] 東京都文京区「小石川植物園」にて、2009年08月09日撮影。
[中7・中8] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、2009年8月09日撮影。
[中9・下] 長野県塩尻市旧塩尻にて、2005年09月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp