ヘリコニア・ワグネリアナ

Heliconia wagneriana

Heliconia wagneriana

中央アメリカのベリーズからグアテマラ、エクアドルに分布しています。水辺の荒れ地などに生え、高さは1.5〜4.5メートルなります。葉は「バナナ」に似ていて、葉柄や中肋は白い蝋質に被われます。1月から9月ごろ、直立した長い花茎にロブスターの爪のような花苞を5〜10個つけます。花はクリーム色です。 
バショウ科ヘリコニア属の常緑多年草で、学名は Heliconia wagneriana。英名は Easter heliconia。 
 
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp