ひめばしょう (姫芭蕉)

Musa coccinea

Musa coccinea

Musa coccinea

Musa coccinea

Musa coccinea

Musa coccinea

Musa coccinea

Musa coccinea

中国南部からインドシナ半島が原産です。雨林の林内に生え、偽茎は直径5センチ、高さは1.5メートルほどになります。葉は長楕円形で、長さは1メートルほどです。茎頂に花序を直立してつけ、光沢のある緋色の苞から、橙黄色の花を咲かせます。別名で「びじんしょう(美人蕉)」とも呼ばれます。 
バショウ科バショウ属の常緑多年草で、学名は Musa coccinea。英名は Scarlet banana。 
Scarlet banana (Musa coccinea) belongs to the Musaceae (the Banana family). It is an evergreen perennial herb that is native from south China to the Indi-china Peninsula. This herb grows in rainforests and the pseudostem can reach about 1.5 m in height, 5 cm in diameter. The leaves are oblong about 1 m long. The erect inflorescence is borne on the shoot apex and bloom orange-yellow flowers in the glossy scarlet bracts. 
[上・中1] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2009年02月21日撮影。
[中2] 同上にて、2007年02月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年01月25日撮影。
[中4] 同上にて、2005年12月07日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2006年11月11日撮影。
[下] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp