ハイビスカス・セントジョニアヌス

Hibiscus kokio ssp. saintjohnianus

Hibiscus kokio ssp. saintjohnianus

ハワイのカウアイ島が原産です。葉は卵形で光沢があり、縁には鈍鋸歯があります。花は鮮やかなオレンジ色をしています。 
アオイ科フヨウ属の常緑低木で、学名は Hibiscus kokio ssp. saintjohnianus。英名は St. Johns hibiscus。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年02月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp