ヒマラヤえんごさく (ヒマラヤ延胡索)

Corydalis flexuosa

Corydalis flexuosa

Corydalis flexuosa

Corydalis flexuosa

中国の中南部に分布しています。標高1300〜4300メートルの岩礫地に生え、高さは30〜50センチになります。細い地下茎を伸ばして広がります。葉は2〜3回3出複葉で、赤銅色を帯びた濃緑色です。3月から4月ごろ、枝先に総状花序をだし、距のある澄んだ淡青色の花を咲かせます。写真は、園芸品種の「チャイナブルー(cv. China Blue)」かも知れません。 
ケマンソウ科キケマン属の多年草で、学名は Corydalis flexuosa。英名はありません。 
 
[上・中1・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月25日撮影。
[中2] 長野市松代温泉にて、2006年05月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp