ひろはケンチャやし (広葉ケンチャ椰子) [Index] [Back]

Howea forsteriana

Howea forsteriana

Howea forsteriana

オーストラリアのロードハウ島の固有種です。比較的成長の遅いヤシで、最終的には高さは10メートルまでになります。葉は羽状複葉で、長さ2〜3メートルになります。小葉は長披針形で、約40片が葉軸に対生し、葉軸に対しほぼ水平につきます。 
ヤシ科ケンチャヤシ属の常緑小高木で、学名は Howea forsteriana。英名は Kentia palm、Thatch palm。 
Kentia palm (Howea forsteriana) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a semi-tall evergreen tree that is endemic to Lord Howe Island in Australia. This is a relatively slow-growing palm, eventually growing up to 10 m tall. The leaves are pinnate compound, and can reach 2-3 m long. The leaflets are long lanceolate, and about 40 pieces grow on the leaf axis, and they are almost horizontal to the leaf axis. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp