ヒマラヤそけい (ヒマラヤ素馨)

Jasminum humile var. humile

Jasminum humile var. humile

中国の南西部、貴州省から四川省、雲南省、チベット自治区それにアフガニスタンやインド、タジキスタンに分布しています。標高1100〜3500メートルの林内に生え、高さは0.5〜3メートルになります。葉は奇数羽状複葉で、卵形から披針形の小葉が3〜7個つきます。4月から7月ごろ、散形または散房花序を下垂させ、黄色い筒状花を1〜10個咲かせます。 
モクセイ科ソケイ属の常緑半蔓性低木で、学名は Jasminum humile var. humile。英名はありません。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年05月06日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp