ひめやしゃぶし (姫夜叉五倍子)

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

Alnus pendula

わが国の北海道から本州、四国に分布しています。山地の崩壊地などに生え、高さは10メートルほどになります。よく分枝して、狭卵形から広披針形の葉は互生します。「おおばやしゃぶし」よりも一回り小さな葉には細かい重鋸歯があり、側脈は葉縁まで達します。3月から4月ごろ、枝先から雄花序を下垂させ、雌花序はすぐ下の葉腋に3〜6個つきます。果穂は、枝の途中に垂れ下がります。 
カバノキ科ハンノキ属の落葉小高木で、学名は Alnus pendula。英名はありません。 
"Hime-yasha-bushi" (Alnus pendula) belongs to the Betulaceae (the Birch family). It is a semi-tall deciduous tree that is native from Hokkaido to Honshu and Shikoku. This tree grows on montane landslide scars and it can reach about 10 m in height. It is much branched and the narrow-ovate to broad-lanceolate leaves are alternate. The leaves are slightly smaller than "Ooba-yasha-bushi" (Alnus sieboldiana) with doubly serrate margins and secondary veins extending to leaf margins. The male clusters bloom descending atop of twigs and the 3-6 female clusters bear at the beneath axils from March to April. The fruit clusters are drooping halfway of twigs. 
[上・中1] 石川県吉野谷村中宮にて、2004年08月08日撮影。
[中2・中3] 山形県小国町小玉川にて、2015年05月04日撮影。
[中4〜中6] 同上にて、2016年04月24日撮影。
[中7〜中11] 同上にて、2018年04月19日撮影。
[中12・下] 同上にて、2018年04月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp