パルメットやし (パルメット椰子) [Index] [Back]

Sabal palmetto

Sabal palmetto

Sabal palmetto

Sabal palmetto

アメリカの南部やキューバ、バハマ諸島が原産です。海岸平野に生え、高さは20メートルほどになります。葉は、数多くの小葉のある丸い中肋掌状葉で、半径は2.5メートルあります。葉は、典型的な掌状または扇状とは異なり、明確なコスタ(中肋)がありますが、小葉は掌状の葉のように放射状に配置されています。果実は黒色の核果で、長さは1.3センチです。この樹木は、非常に耐塩性があります。 
ヤシ科サバル属の常緑低木で、学名は Sabal palmetto。英名は Cabbage palmetto。 
Cabbage palmetto (Sabal palmetto) belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a tall evergreen tree that is native to the southern United States, as well as Cuba and the Bahamas. This tree grows in the coastal plains and up to a height of 20 m. The leaves are rounded, costapalmate fan of numerous leaflets, up to 2.5 m in radius. The leaf has a definite costa (midrib) unlike the typical palmate or fan leaf, but the leaflets are arranged radially like in a palmate leaf. The fruit is a black drupe about 1.3 cm long. This tree is extremely salt-tolerant. 
[上・中1] アメリカ・フロリダ州「ディン・ダーリン国立野生生物保護区」にて、2011年09月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] 同上にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp