パッシフローラ・ギベルティー

Passiflora gibertii

Passiflora gibertii

Passiflora gibertii

Passiflora gibertii

Passiflora gibertii

南アメリカのブラジルからパラグアイ、アルゼンチンに分布しています。蔓性で他の樹木などに絡みついて伸びます。葉は3裂し、直径7センチほどの淡い藤色の花を咲かせます。花披片は白く、副花冠は藤色と白色の縞模様です。果実は5センチほどで淡黄色に熟しますが、アルカロイドが含まれ非常に有毒です。 
トケイソウ科トケイソウ属の常緑多年草で、学名は Passiflora gibertii。英名はありません。 
 
[上] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2005年06月10日撮影。
[中1・中3] 同上にて、2006年10月30日撮影。
[中2・下] 同上にて、2006年10月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp