ポーチュラカリア・アフラ

Portulacaria afra

Portulacaria afra

Portulacaria afra cv. Variegata

Portulacaria afra cv. Variegata

南アフリカの東部、東ケープ州からマプマランガ州に分布しています。岩礫地の潅木帯や渓谷などに生え、高さは2〜5メートルになります。多肉植物で、茎は赤褐色を帯び、葉は小さな円形から倒卵形で対生します。冬の終わりから春にかけて、星形の淡いピンク色の花を咲かせます。写真中2・下は、葉に黄白色の斑が入る園芸品種の「雅楽の舞(cv. Variegata)」。 
スベリヒユ科ポーチュラカリア属の常緑小低木で、学名は Portulacaria afra。英名は Porkbush、Elephant bush、Elephant plant。 
The porkbush (Portulacaria afra) belongs to Portulacaceae (the Purslane family). It is an evergreen shrub that is native to eastern South Africa; the Eastern Cape to Mpumalanga. This shrub grows in rocky scrubby areas and dales and can reach 2-5 m in height. It is succulent and the stems are reddish-brown, the leaves are small round to obovate and opposite. The star-shaped, pale pink flowers come in late winter to spring. 
[上・中1] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年02月17日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp