ビブルヌム・ランタナ [Index] [Back]

Viburnum lantana

Viburnum lantana

ヨーロッパの中部から南部、西部それに北アフリカや南西アジアが原産です。道ばたなどに生え、高さは4〜5メートルになります。葉は対生し、卵形から披針形で、縁には細かい鋸歯があります。葉の裏面にはぎっしりと綿毛が生えますが、表面は差ほどではありません。初夏に、小さな黄白色の花を、密な集散花序に咲かせます。果実は長楕円形の核果で、最初は緑色、赤色に変わり、完熟すると最後には真っ黒になります。果実には種子が1個あります。 
スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、学名は Viburnum lantana。英名は Wayfarer、Wayfaring tree。 
The wayfarer (Viburnum lantana) belongs to the Caprifoliaceae (the Honeysuckle family). It is a small decidous tree that is native to central, southern and western Europe, northwest Africa, and southwestern Asia. This tree grows along waysides, and up to a height of 4-5 m. The leaves are opposite, ovate to lanceolate, with finely serrated margins. They are densely downy on the underside, less so on the upper surface. The small creamy-white bloom in dense cymes in early summer. The fruit is an oblong drupe, green at first, turning red, then finally black at full maturity, and contains a single seed. 
イギリス・ウィルトシャー州ウェストベリーにて、2011年08月23日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp