カラテア・テニオサ

Calathea taeniosa

Calathea taeniosa

ブラジルが原産です。高さは30センチほどになり、群落を形成します。葉は楕円形で先が尖り不揃い、葉柄は紫色で毛に被われています。葉の表面は濃い緑色で銀白色の縞があり、裏面は暗い緑色から灰緑色をしています。短い花茎の先端に、赤桃色の苞葉に包まれた黄色い筒状花を咲かせます。 
クズウコン科カラテア属の常緑多年草で、学名は Calathea taeniosa。英名はありません。 
 
[上] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年05月16日撮影。
[下] 愛知県名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp