カメリア・クックフォンゲンシス

Camellia cucphuongensis

Camellia cucphuongensis

ベトナムの首都、ハノイの南西100キロにあるクックフォン(Cuc Phuong)国立公園で、1994年に発見されました。亜熱帯性のツバキで、「きんかちゃ(金花茶)」と同じ系統です。詳細な情報は見あたりません。 
ツバキ科ツバキ属の常緑低木で、学名は Camellia cucphuongensis。英名はありません。 
 
静岡県浜松市「浜松市フラワーパーク」にて、2004年02月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp