キャニモモ (卵の木)

Garcinia xanthochymus

Garcinia xanthochymus

Garcinia xanthochymus

Garcinia xanthochymus

Garcinia xanthochymus

インド南部からマレー半島に分布しています。「マンゴスチン」の近縁で、高さは9〜12メートルになります。葉は長楕円形で大きく、表面には光沢があり、うな垂れます。白色の花が咲き、テニスボールくらいの果実となります。熟すと黄色くなり、生食やジャムに利用されます。別名で、「たまごのき(卵の木)」とも呼ばれます。 
オトギリソウ科フクギ属の常緑小低木で、学名は Garcinia xanthochymus。英名は Gamboge、False mangosteen。 
Gamboge (Garcinia xanthochymus) belongs to the Clusiaceae family. It is a semi-tall evergreen tree that is distributed from southern India to the Malay Peninsula. It is close to "Mangosteen", the height is 9-12 m. The leaves are oblong, glossy on the surface, and drooping. The white flowers bloom, they will become fruit of about tennis ball. The fruits ripen yellow, and are used for raw eating and jam. 
[上] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2002年12月22日撮影。
[中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2002年12月14日撮影。
[中2〜3・下] アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンター・エステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp