カマエドレア・カタラクタルム [Index] [Back]

Chamaedorea cataractarum

Chamaedorea cataractarum

メキシコ南部や中央アメリカが原産です。渓流や大滝のほとりあるいはその中の湿った、濡れた森に生え、高さは2メートルほどになります。これは、ヤシ科ではまれな渓流植物のひとつです。つまり、止水や流水で被われていることが多い地域で育ちます。幹がなく、叢生するヤシで、光沢のある濃い緑色の葉がつき、小葉は長くて細いです。未熟な果実は卵形、光沢があり濃い緑色です。果物は花茎に固着したままです。成熟すると黒くなり、直径が1センチほどになります。それは熱帯および亜熱帯地域で園芸植物として栽培されています。 
ヤシ科カマエドレア属の常緑低木で、学名は Chamaedorea cataractarum。英名は Cat palm、Cataract palm。 
Cat palm (Chamaedorea cataractarum) belongs to the Aracaceae (the Palm family). It is a small evergreen tree that is native to Southern Mexico and Central America. This tree grows in moist or wet forest along or in streams and cataracts, and up to about 2 m in height. This is one of the rare rheophytes in the palm family which means it grows in areas often covered by standing or flowing water. It is a trunkless, clumping palm, with glossy, dark green leaves, and long thin leaflets. The immature fruit is ovate, shiny and dark green. Fruit remains sessile on the flower stalk. It turns black when mature and measures about 1 cm in diameter. It is cultivated as a garden plant in tropical and subtropical regions. 
アメリカ・フロリダ州「フロリダ植物園」にて、2011年05月16日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp