キリタ・フィンブリセパラ

Chirita fimbrisepala

Chirita fimbrisepala

中国の東南部に分布しています。標高400〜1000メートルほどの森林の岩場や崖、渓流沿いなどに生えます。無茎で、葉柄のある卵形から円形の葉が根生します。3月から4月ごろ、花茎に淡青色や紫色、ピンク色がかった緑色の花を咲かせます。わが国では、「ぶかんたいりんいわぎりそう(武漢大輪岩桐草)」というような名前で流通しています。 
イワタバコ科キリタ属の多年草で、学名は Chirita fimbrisepala。英名はありません。 
 
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2006年01月06日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp