キタレキシルム・スピノスム [Index] [Back]

Citharexylum spinosum

Citharexylum spinosum

アメリカ・フロリダ州の南部からカリブ海諸島、ガイアナ、スリナムそれにベネズエラが原産です。海岸地帯や乾燥した山々、湿り気のある山麓などに生え、高さは15メートルほどになります。葉は卵形から楕円形で、オレンジ色の葉柄がつきます。一年を通して、小さな白色の花が、垂れ下がった腋性または頂性の総状花序や円錐花序に咲かせます。果実は赤色から黒色のほぼ球形の核果です。 
クマツヅラ科キタレキシルム属の常緑または落葉高木で、学名は Citharexylum spinosum。英名は Spiny fiddlewood、Florida fiddlewood。 
Spiny fiddlewood (Citharexylum spinosum) belongs to the Verbenaceae (the Verbena family). It is a tall evergreen or deciduous tree that is native to southern Florida in the United States, the Caribbean, Guyana, Suriname, and Venezuela. This tree grows in coastal areas, dry mountains and moist foothills, and up to a height of 15 m. The leaves are ovate to elliptic and have orange petioles. The small white flowers are produced throughout the year on hanging axillary and terminal racemes and panicles. The fruits are red to black subglobose drupes. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォードウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp