クレマチス・グリキノイデス

Clematis glycinoides

Clematis glycinoides

Clematis glycinoides

Clematis glycinoides

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州、ビクトリア州に分布しています。山野に広く生え、蔓性で高さは2.5メートルほどになります。葉はほとんどが3出複葉で、小葉は卵形から長楕円状披針形、縁は全縁かまれにわずかな鋸歯があります。また基部が三角状になることもあります。8月から11月ごろ、白色の花を咲かせます。花弁のように見えるのは萼片で、ときに紫色を帯びることがあります。 
キンポウゲ科センニンソウ属の蔓性木本で、学名は Clematis glycinoides。英名は Headache vine、Forest clematis。 
 
[上] オーストラリア・ニューサウスウェールズ州「カンバーランド州有林」にて、2006年09月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1〜2・下] 同上にて、2006年09月03日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp