コノフィツム

Conophytum sp.

Conophytum sp.

コノフィツム属は南アフリカが原産です。「まつばぎく(松葉菊)」の近縁ですが、多肉質の葉が2個合着してひと塊になっています。大きさは数センチほどで、かたちも丸形や鞍形それに足袋形などがあります。夏から秋にかけて、まず脱皮と分球が起こり、翌年の夏に休眠するまで成長を続けます。花期も長く、花色もさまざまです。 
ツルナ科コノフィツム属の常緑多年草で、学名は Conophytum sp. (属の総称)。英名はありません。 
 
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年10月13日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp