コトネアスター・ペルムタツス

Cotoneaster permutatus

Cotoneaster permutatus

中国の四川省や雲南省それにチベット南部に分布しています。標高2400〜3300メートルの峡谷や岩場に生え、高さは1.2メートルほどになり、よく分枝します。小さな葉は楕円形から倒披針形です。5月から6月ごろ、白い花を咲かせます。果実は8月から9月に、緋赤色に色づきます。 
バラ科シャリントウ属の常緑低木で、学名は Cotoneaster permutatus (syn. Cotoneaster conspicuus、Cotoneaster microphyllus var. conspicuus)。英名はありません。 
 
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年11月05日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp