ぎぼうし (擬宝珠)

Hosta cv.

Hosta cv.

ギボウシ属はわが国を中心に東アジアに分布しています。「ぎぼうし」はそれを改良した園芸品種の総称です。わが国では古くから植栽され、改良されてきました。シーボルトがヨーロッパへ持ち帰って以来、ヨーロッパやアメリカでも品種改良が進みました。現在では、いろいろな葉色のものや斑入り種などが多数あります。夏から秋にかけて、白色から藤色、紫色などの花を咲かせます。別名で、「ホスタ」とも呼ばれます。 
ユリ科ギボウシ属の常緑多年草で、学名は Hosta cv.。英名は Plantain lily、Hosta。 
 
ニュージーランド・サウスランド地方「ミルフォードサウンド」にて、2003年12月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp