かわりはつ (変わり初)

Russula cyanoxantha

Russula cyanoxantha

わが国の各地をはじめ北半球に広く分布しています。夏から秋にかけて、ブナ・カバノキ林などの林床に発生します。傘の直径は6〜10センチで、まんじゅう形から平らに開き、さらにやや漏斗形にくぼみます。表面は平滑で、紫色や淡紅色、青色、緑色、オリーブ色など変化に富んでいます。柄は白色で、円柱状です。 
ベニタケ科ベニタケ属のキノコ類で、学名は Russula cyanoxantha。英名は Charcoal burner。 
 
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2005年09月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp