きだちちょうせんあさがお (木立朝鮮朝顔)

Brugmansia suaveolens

Brugmansia suaveolens

Brugmansia suaveolens

南アメリカ、ブラジルの南東部が原産です。現在では、中・南アメリカやフロリダ州、それにわが国の暖地でも植栽されています。高さは3〜5メートルになり、よく分枝します。葉は大きな卵形です。花はトランペット形で白色から淡黄色、長さは30センチほどになります。夏から寒くなるまで咲き続けます。花冠は5裂し、先端が反り返ります。萼の先端は4〜5浅裂します。別名で「エンジェルズトランペット」とも呼ばれます。
ナス科キダチチョウセンアサガオ属の常緑低木で、学名は Brugmansia suaveolens(syn. Datura suaveolens)。英名は Angel's trumpet。
Angel's trumpet (Brugmansia suaveolens) belongs to Solanaceae (the Nightshade family). It is a small evergreen tree that is native to the southeastern Brazil. This tree is planted in Central and South America, Florida, and warm climate area of Japan. It can reach 3-5 m in height and be much branched. The leaves are large ovate. The Flowers are white to pale yellow, trumpet-shaped and about 30 cm long. They carry on bloom during summer to late fall. Corola is devided five lobes and recurvate. The tip of the calyx splits shallowly 4-5 lobes.
[上] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年11月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中・下] 千葉県香取市長岡にて、2011年10月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp