きんえのころ (金狗尾)

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

Setaria glauca

北半球の温帯地域に広く分布しています。日当たりのよい道端や田んぼのあぜなどにふつうに生え、高さは20〜70センチになります。8月から10月ごろ、円柱形で直立した長さ3〜10センチほどの花穂をつけます。名前は、小穂に黄金色の芒(のぎ)が生える「えのころぐさ(狗尾草)」ということから。 
イネ科エノコログサ属の一年草で、学名は Setaria glauca。英名は Yellow foxtail。 
The yellow foxtail (Setaria glauca) belongs to Poaceae (the Grass family). It is an annual herb that is widely distributed in the temperate region of Northern Hemisphere. This grass grows in sunny roadsides or rice field linches, and can reach 20-70 cm in height. The spikes are straight, columnar, 3-10 cm long, and borne from August to October. 
[上・中1〜2] 茨城県神栖市砂山にて、2009年09月14日撮影。
[中3] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、2003年10月01日撮影。
[中4・中5] 大阪府四条畷市下田原にて、2004年09月28日撮影。
[中6] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2006年01月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7〜10・下] 山形県小国町玉川中里にて、2019年09月26日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp