こめばつがざくら (米葉栂桜)

Arcterica nana

Arcterica nana

Arcterica nana

Arcterica nana

Arcterica nana

Arcterica nana

Arcterica nana

Arcterica nana

わが国の本州、中部地方以北から北海道それに千島列島やロシアの極東地方に分布しています。高山の岩礫地などに生え、高さは5〜15センチほどになります。葉は楕円形から卵形で厚く、3個ずつ輪生します。6月から8月ごろ、枝先に壺形の小さな花を咲かせます。花は白色でわずかに淡紅色を帯び、ふつう3個ずつを下向きにつけます。 
ツツジ科コメバツガザクラ属の常緑小低木で、学名は Arcterica nana。英名はありません。 
"Komeba-tsuga-zakura" (Arcterica nana) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is an evergreen shrub that is distributed from Chubu district of Honshu north to Hokkaido, the Kuril Islands and the Far East of Russia. This herb grows on rocky sites in high mountains, and up to a height of 5-15 cm. The leaves are elliptic to ovate, thick and arranged in whorls of 3 crowded. The small, rose-shaped flowers bloom at the end of the branch from June to August. The flowers are white and slightly pink, usually downward in threes. 
[上・中1] 兵庫県神戸市灘区「六甲高山植物園」にて、2004年10月18日撮影。
[中2〜中5] 山形県西川町月山沢「月山」にて、2018年06月23日撮影。
[中6・下] 長野県茅野市「日本ピラタス坪庭自然園」にて、2018年08月10日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp