ククイのき (ククイの木) [Index] [Back]

Aleurites moluccanus

Aleurites moluccanus

Aleurites moluccanus

Aleurites moluccanus

東南アジアが原産です。この樹木は人間によって広まり、太平洋諸島を始め、熱帯地域に広く分布しています。高さは15〜25メートルになり、広く広がりまたは下垂した枝があります。葉は薄緑色で卵形、または三葉あるいは希に五葉で、尖端は尖り、10〜20センチの長さです。果実は丸い堅果で、直径4〜6センチです。種子は油に富み、50パーセント以上が脂肪分です。油はニスやシャンプー、接着剤など、さまざまな製品の原料となります。「ククイ(Kukui)」はハワイ語です。 
トウダイグサ科アブラギリ属の落葉高木で、学名は Aleurites moluccanus。英名は Candlenut、Candleberry、Kukui。 
Candlenut (Aleurites moluccanus) belongs to the Euphorbiaceae (the Spurge family). It is a tall deciduous tree that is native to Southeast Asia. This tree is spread by humans and is widely distributed in tropical regions, including the Pacific Islands. It grows to a height of 15-25 m, with wide spreading or pendulous branches. The leaves are pale green and ovate, or trilobed or rarely five-lobed, with an acute apex, 10-20 cm long. The fruit is round niut, 4-6 cm in diameter. The seeds are rich in oil and more than 50 percent are fat. Oil is a raw material for various products such as varnishes, shampoos and adhesives. "Kukui" is Hawaiian. 
アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp