きゅうりぐさ (胡瓜草)

Trigonotis peduncularis

Trigonotis peduncularis

Trigonotis peduncularis

Trigonotis peduncularis

Trigonotis peduncularis

Trigonotis peduncularis

Trigonotis peduncularis

Trigonotis peduncularis

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に広く分布しています。野原や道ばたにふつうに生え、高さは15〜30センチになります。葉は卵形で、下部のものには長い葉柄があり、上部では葉柄がなく互生します。3月から5月ごろ、茎頂に巻散花序(サソリ形花序)をだし、淡青紫色の「わすれなぐさ(勿忘草)」に似た小さな花を咲かせます。巻いた花序は、開花とともに解けていきます。葉や茎には、「きゅうり(胡瓜)」のような匂いがあります。 
ムラサキ科キュウリグサ属の二年草で、学名は Trigonotis peduncularis。英名は Cucumber herb。 
Cucumber herb (Trigonotis peduncularis) belongs to the Boraginaceae (the Borage family). It is a biennial herb that is distributed widely throughout Japan, the Korean Peninsula and China. This herb grows in fields and roadsides, and can reach 15-30 cm in height. The leaves are ovate and alternate, with petioles at lower part of stem and sessile at upper part. The scorpoid cymes are borne at the stem apices and bloom Forget-me-not like pale bluish purple flowers from March to May. The spool of cluster uncoils concurrently with blooming. The stem and leaves have cucumber-like smell. 
[上・中1〜2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2006年04月18日撮影。
[中3] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2005年04月21日撮影。
[中4] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年05月16日撮影。
[中5] 千葉県香取市下飯田にて、2008年06月18日撮影。
[中6・下] 青森県弘前市葛原にて、2018年07月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp