みかどアナナス (帝アナナス)

Vriesea imperialis cv. rubra

Vriesea imperialis cv. rubra

Vriesea imperialis cv. rubra

Vriesea imperialis

Vriesea imperialis

Vriesea imperialis

ブラジルの東南部に分布しています。標高1500メートルあたりの岩場に生え、葉の長さは1.5メートルにもなります。「アナナス」の仲間では、最も大きくなる種類です。1.8メートル以上になる花茎を伸ばして、いくつにも分枝し、クリーム色の苞に包まれた鮮黄色の花をいっぱいに咲かせます。写真の上・中1〜2は、花茎の苞葉が赤味を帯びる園芸品種の「ルブラ(cv. rubra)」。 
パイナップル科インコアナナス属の常緑多年草で、学名は Vriesea imperialis。英名はありません。 
Vriesea imperialis belongs to the Bromeliaceae (the Pine apple family). It is an evergreen herb that is native to southeastern Brazil. This herb grows in rocky places at 1500 m elevation and the leaves are about 1.5 m long. This is a largest species in the Ananas. The flower stalks grow out up to 1.5 m high and branched. It blooms many bright yellow flowers with creamy bracts. The 1st to 3rd photos are a cutivar 'Rubra'. 
[上・中1〜2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、2005年06月10日撮影。
[中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年12月07日撮影。
[中4] 静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、2007年02月15日撮影。
[下] 新潟市東区秋葉「新潟県立植物園」にて、2018年01月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp