みかいどう (実海棠)

Malus micromalus

Malus micromalus

Malus micromalus

中国が原産です。「ほんかいどう(Malus spectabilis)」と「えぞのこりんご(Malus baccata var. mandshurica)」との種間交雑種で、高さは4.5メートルほどになります。わが国へは室町時代に渡来し、各地で植栽されています。葉は楕円形から長楕円形で互生し、長さ2〜3センチの葉柄があります。4月から5月ごろ、短枝の先に淡紅色の花を咲かせます。果実はナシ状果で、黄褐色に熟し、食用にされます。別名で「ながさきりんご(長崎林檎)」とも呼ばれます。 
バラ科リンゴ属の落葉低木で、学名は Malus micromalus。英名は Midget crabapple。 
 
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp