なえばきすみれ (苗場黄菫)

Viola brevistipulata var. kishidai

Viola brevistipulata var. kishidai

わが国の本州、上越地方から東北地方南部に分布しています。「おおばきすみれ(大葉黄菫)」の変種で、山地帯から亜高山帯の砂礫地に生えます。心形の葉は厚くて光沢があり、茎は紅紫色を帯びます。6月ごろ、黄色い花を咲かせます。名前は、基準標本産地の新潟・長野の県境にある苗場山に因みます。 
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola brevistipulata var. kishidai。英名はありません。 
 
長野県山ノ内町「東舘山高山植物園」にて、2003年06月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp