なんようすぎ (南洋杉)

Araucaria cunninghamii

Araucaria cunninghamii

Araucaria cunninghamii

Araucaria cunninghamii

Araucaria cunninghamii

Araucaria cunninghamii

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州に分布しています。熱帯雨林のなかの比較的乾燥した岩礫地などに生え、高さは60メートルほどになります。生命力が強く、450年以上も生き続けるといいます。雌雄同株ですが、最初の球果をつけるまでに200年かかるそうです。若葉と成葉では形状が異なります。樹皮は規則正しく水平に裂け、英名の由来になっています。材は緻密で、家具や床材、パネルなどに利用されます。 
ナンヨウスギ科ナンヨウスギ属の常緑高木で、学名は Araucaria cunninghamii。英名は Hoop pine。 
The Hoop pine (Araucaria cunninghamii) belongs to the family Araucariaceae. It is a tall evergreen tree that is native to eastern Australia, from Queensland to New South Wales. This tree grows on aridish screes in rainforest and can reach about 60 m in height. Hoop pine is long-lived for up 450 years. It is monoecious though it is required for up 200 years when the strobiles ripen first. The barks are religious fissured vertically, the common name derives from them. This timber is dense and used for making furnitures, floor covers and panels. 
[上・中1〜3] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2006年02月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・下] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月21日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp