ねぎ (葱)

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

Allium fistulosum

中国の西部が原産です。中国では2千年前から栽培されてきました。わが国へも古くに渡来し、日本書記には「岐(き)」として登場しています。関東・東北地方では、葉鞘の白い部分をおもに食用とする「根深ねぎ(千住ねぎ・下仁田ねぎ)」が栽培され、関西地方以西では、緑色の部分を食べる「葉ねぎ(九条ねぎ・岩槻ねぎ)」が栽培されています。中部地方では中間的な形質をもつ「越津ねぎ」があります。「万能ねぎ」と呼ばれるのは、福岡県産の「九条ねぎ」です。4月から5月ごろ、茎頂に球状花序をつけ小さな白い花をいっぱい咲かせます。これが、ねぎ坊主です。
写真14の品種は「下仁田ねぎ」、中15は「西洋ねぎ」、中16は「九条ねぎ」、中17は「博多九条ねぎ」、中18は「徳田ねぎ」、中19は「越津ねぎ」。
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium fistulosum。英名は Welsh onion。 
The welsh onion (Allium fistulosum) belongs to Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to western China. This herb was started to cultivate in 2,000 years ago, and introduced into Japan in ancient days. Its name appeares as "Ki" in the Chronicles of Japan. Welsh onion has many species and different spiecies is cultivated regionally. April to May, spherical inflorescences with numerous small whitish flowers are seen on the terminal stems. 
[上・中1] 長野県南箕輪村「信州大学農学部」にて、2006年08月01日撮影。
[中2] 大阪府枚方市招提元町にて、2006年12月11日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2007年05月16日撮影。
[中3] 千葉県香取市大角にて、2010年10月07日撮影。
[中4] 同上にて、2010年11月24日撮影。
[中11] 同上にて、2011年07月12日撮影。
[中12] 同上にて、2011年08月09日撮影。
[中14・中15] 同上にて、2015年11月03日撮影。
[中16] 同上にて、2014年12月02日撮影。
[中17] 同上にて、2015年10月13日撮影。
[中18・中19] 同上にて、2014年05月27日撮影。
[中7] 千葉県香取市久保にて、2011年05月12日撮影。
[中8] 同上にて、2011年06月22日撮影。
[中9・中10] 千葉県香取市仁良にて、2011年06月22日撮影。
[中13] 同上にて、2012年06月08日撮影。
[中20・中21] 長野県御代田町草越にて、2018年08月09日撮影。
[中22〜23・下] 宮城県山元町中浜にて、2020年02月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp