ニューメキシコはりえんじゅ (ニューメキシコ針槐)

Robinia neomexicana

Robinia neomexicana

アメリカの南西部、ネバダ州南東部からニューメキシコ州、テキサス州西部に分布しています。渓谷や湿り気のある斜面に生え、高さは7〜8メートルになります。樹皮は淡灰色で厚く、鱗片状に割れ目が入ります。葉は奇数羽状複葉で、楕円形の小葉が13〜21個つきます。晩春から初夏にかけて、芳香のある淡紅紫色の蝶形花を咲かせます。 
マメ科ハリエンジュ属の落葉低木で、学名は Robinia neomexicana。英名は New Mexico locust、Southwestern locust。 
 
アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp