りゅうけつじゅ (竜血樹)

Dracaena draco

Dracaena draco

Dracaena draco

Dracaena draco

Dracaena draco

Dracaena draco

Dracaena draco

Dracaena draco

Dracaena draco

大西洋東部のカナリー、マデイラ、カボベルデの各諸島に分布しています。乾燥した潅木地帯に生え、高さは12メートルほどになります。成長がことに遅く、その反面、数千年も生き続けるという長寿植物です。枝先の花序に黄白色の花をいっぱい咲かせます。ギリシャ神話神話では、ヘラクレスまたはアトラスによって殺された、百の頭をもつドラゴンから流れ出た血から生まれた樹とされています。また幹を傷つけると出る樹液は赤くて、民間薬や呪術用に使われたそうです。 
リュウゼツラン科リュウケツジュ属の常緑小高木で、学名は Dracaena draco。英名は Dragon tree。 
The Dragon tree (Dracaena draco) belongs to Agavaceae (the Agave family). It is a semi-tall evergreen tree that is native to the Canary Islands, the Madeira Islands and the Cape Verde Islands, in eastern Pacific Ocean. This tree grows on arid mallees and can reach about 12 m in height. This tree grows very slowly, though it keeps alive for several thousand years. Numerous yellowish white flowers come on the terminal inflorescences. In the Greek myth, Landon's red blood (the hundred-headed dragon which was killed by either Hercules or Atlas) flowed out upon the land and from it sprung up the trees. The red sap was used for folk medicine or magic rituals. 
[上・中1] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、2007年03月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2〜中4] 同上にて、2009年05月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5〜7・下] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp