サルビア・インウォルクラータ

Salvia involucrata

Salvia involucrata

Salvia involucrata

Salvia involucrata

Salvia involucrata

Salvia involucrata

メキシコから中央アメリカに分布しています。高さは90〜120センチになります。葉は卵形で、そのかたちから「ローズリーフセージ」の英名があります。蕾を包むローズピンクの球形の苞葉が特徴です。夏から秋にかけて、ピンク色から紅色の花を咲かせます。萼片は赤紫色です。 
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia involucrata。英名は Rose-leaf sage。 
The Rose-leaf sage (Salvia involucrata) belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native to Mexico and Central America. This herb can reach 90-120 cm in height. The leaves are ovate and resemble to the rose-leaves. It is defined by rose-pink and globose bracts, which cover the flower buds. The pink to rose-pink flowers bloom from summer to fall. The sepals are burgundy red. 
[上・中1] 茨城県水戸市「水戸市植物公園」にて、2008年11月09日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2003年11月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 同上にて、2006年10月15日撮影。
[中4] 京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2003年12月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp