さらさもくれん (更紗木蓮)

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

Magnolia x soulangiana

中国原産の「しもくれん(Magnolia quinquepeta)」と「はくもくれん(Magnolia heptapera)」の種間交雑種です。高さは6〜10メートルほどになります。変異が大きく、また園芸品種も数多く作出されています。花色はピンク色から白色、紫色などがあります。写真上・中1〜2の種名札では「ようしゅもくれん(洋種木蓮)」、中3〜4では「にしきもくれん(錦木蓮)」とされていました。「はくもくれん」の仲間は「コンパスプランツ」で、花のつぼみはみんな「北」を向きます。ちなみに写真上・中1〜2では右側が「北」。 
モクレン科モクレン属の落葉小高木で、学名は Magnolia x soulangiana。英名は Saucer magnolia、Tulip tree。 
The Saucer magnolia (Magnolia x soulangiana) belongs to Magnoliaceae (the Magnolia family). It is a semi-tall deciduous tree that is an interspecific hybrid between the Magnolia (Magnolia quinquepeta) and the Yulan magnolia (Magnolia heptapera). This tree can reach 6-10 m in height. There are many varieties and the many cultivars are breeded with pink, white or purple flower colors. The relatives of "Yulan magnolia" are "Compass Plants", and all the flower buds face "North".  
[上・中1〜2・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2006年04月06日撮影。
[中3・中4] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、2007年03月14日撮影。
[中5・中6] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2008年07月01日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7・中8] 同上にて、2008年08月11日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp