せり (芹)

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

Oenanthe javanica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、それに広く東南アジアやオセアニアに広く分布しています。低湿地に生え、高さは20〜40センチになります。根は細く、ランナーを出して広がります。葉は1〜2回奇数羽状複葉で、軟らかくてよい香りがあります。7月から8月ごろ、茎頂に複散形花序をだし、小さな白い花を咲かせます。春の七草のひとつで、若菜は食用にされます。 
セリ科セリ属の常緑多年草で、学名は Oenanthe javanica。英名は Water dropwort。 
The Water dropwort (Oenanthe javanica) belongs to Apiaceae (the Carrot family). It is an evergreen perennial herb that is distributed throughout Japan, the Korean Peninsula, China and Southeast Asia, Oceania. This herb grows in marshes and can reach 20-40 cm in height. It has slender roots and spreads by runners. The leaves are pinnately to bipinnately compound and has sweet fragrance. The small white flowers come in the terminal compound umbels from July to August. The young shoot is used for wild vegetable. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年07月17日撮影。
[中4] 同上にて、2005年01月19日撮影。
[中2・中3] 長野県岡谷市湊にて、2006年07月18日撮影。(photo by Takao Itoh)
[中5] 大阪府四條畷市逢阪「むろいけ園地」にて、2006年04月16日撮影。
[中6・中7] 大阪府四條畷市下田原「ふれあいの森」にて、2006年11月04日撮影。
[中8] 奈良県三郷町南畑「信貴山」にて、2007年03月31日撮影。
[中9] 群馬県富士見村「赤城ふれあいの森」にて、2008年04月27日撮影。
[中10・中11] 宮城県仙台市太白区坪庭にて、2021年04月18日撮影。
[中12・中13] 宮城県川崎町支倉にて、2021年05月09日撮影。
[中14・下] 同上にて、2021年05月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp