スターアップル (水晶柿)

Chrysophyllum cainito

Chrysophyllum cainito

Chrysophyllum cainito

Chrysophyllum cainito

Chrysophyllum cainito

Chrysophyllum cainito

Chrysophyllum cainito

Chrysophyllum cainito

Chrysophyllum cainito

中央アメリカと西インド諸島が原産です。高さは10〜15メートルほどになります。葉は卵形から長楕円形で、表面は濃緑色、裏面は褐色で黄金色に輝きます。白色の花は星形をしています。果実は球形から卵形で、果皮は淡黄緑色または暗紫色です。果肉は柔らかで、淡白な甘さがあります。名前は、横に切ると中心部に星形の模様があることから。和名で「すいしょうがき(水晶柿)」とも呼ばれます。 
アカテツ科オーガストノキ属の常緑高木で、学名は Chrysophyllum cainito。英名は Star apple、Cainito、Golden leaf tree。 
Star apple (Chrysophyllum cainito) belongs to the Sapotaceae (the Sapote family). It is a tall evergreen tree that is native to the Caribbean Islands and Central America. This tree can reach 10-15 m in height. The leaves are ovate to oblong, and they have dark green surfaces and shiny brown rear surfaces. The flowers are white star-shaped. The fruits are globose to ovate with pale yellowish green to dark purple peels. The flesh of fruits are soft and bland-tasting sweet. 
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年02月07日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月25日撮影。
[中3] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、2009年02月22日撮影。
[中4・中5] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中6〜7・下] アメリカ・フロリダ州「エジソン&フォード・ウィンターエステート」にて、2011年09月28日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp