テキサスあざみ (テキサス薊)

Cirsium texanum

Cirsium texanum

Cirsium texanum

Cirsium texanum

アメリカの中南部、ミズーリ州からオクラホマ州それにテキサス州に分布してます。草地などに生え、ほとんど分枝しないで、高さが60〜150センチになります。葉は長さ10〜20センチで、裏面は白く、不規則に裂けます。その裂片の先端には棘があります。4月から8月ごろ、枝先に淡い赤紫色の頭花をひとつ咲かせます。「マルハナバチ(Bumblebee)」の吸蜜源です。 
キク科アザミ属の二年草または多年草で、学名は Cirsium texanum。英名は Texas thistle。 
The Texas thistle (Cirsium texanum) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a biennial or perennial herb that is distributed in the south-central United States, from Missouri to Oklahoma and Texas. This herb grows in grasslands and grows to a height of 60-150 cm with almost no branching. The leaves are 10-20 cm long, the back is white and splits irregularly. The thorn is borne at the tip of the lobes. The one pale magenta flower head blooms at the tip of the branch from April to August. It is a source of honey for "bumblebee". 
[上・中1] アメリカ・テキサス州「イーグルキャニオン」にて、2001年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] アメリカ・テキサス州「シーダーリッジ自然保護区」にて、2013年05月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp